上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.06.21


普段ドラマを一切見ないという友達が、唯一見てたドラマがラストフレンズでした。
ホラあれ、最終回したでしょ。もーなんかアレだ。ファンの方すいませんが・・

もう検索でふと来た方とか絶対みないでね!断っとくからね!


扇情的って言うんですかね、そのままですけど、強烈なテーマを、軽々しく扱いすぎというか、盛り込みすぎというか、詰め込みすぎというか・・。

内容のなさをそういったインパクトで補ってるような感じがして、あんま好きになれませんでした。
ごめん、友達。その感覚わかんない。


あれ脚本家女性だろうなと思って調べたら、やっぱり女性でした。


まーなんかああいうのが流行りまくってますよね。はびこってますよね。
みんな傷ついてるんだとかさ。弱っちいなって思う。


性格面で無理に明るくみせようとすることがブームになってる一方で、
ドラマや小説はこうした暗いものが好まれてるってことは、
やっぱりそのブームには無理があるんだろうな。


明るくなるのは確かにいいことだけど、きっとみんな疲れてるんだと思う。
だから現実にはないものにまでバカみたいに暑苦しいものは見たくないんだろうな。



とまあ、こんなことを思いました。
ファンの方本当にすいません。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://part69g.blog4.fc2.com/tb.php/1893-f142464d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。