上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.31 confused①
前々から思ってたことなんだけど、このさい言っちゃう。
けっこうどうでもいいことでもある。



自分が男なのか女なのか、
そもそも人間とは何なのか、

まったく意味不明になってしまう瞬間があります。
みんなにも共通してある感覚なんじゃないかなあ。



他人を見ても歴史を感じないとか、そもそも感情移入ができないとか、
誰かと親しくなればなるほど思うようになるんだけど、


結局のところ、
そんなことを思うということは、

最初からそんなこと全くわかってないし、理解しようとしていないんじゃないか。


わたしは相当気を付けていないと、
誰かの話を聞けないたちであるし。


それっていうのは、人の話を聞けないというのはやっぱりよくないよなあ。
何でも、まず自分ありきだと思っていたけど、

全く譲歩しないで、
自分のことしか考えていないような人間は、


きっと将来的に事務とか、工場勤めとかしかできないんじゃなかろうか。
なんかそういうさ、機械的っちゅうか、物考えないことっていうかな。


創作活動してる人って、基本的な会話がちゃんとできてると思うんだよね。
そう考えると、なーんかなあ。

自分ってそもそも人間だったのかなって、変な疑問が出てきてしまうんです。


(②につづく)


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://part69g.blog4.fc2.com/tb.php/1912-a3230e39
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。